補償内容がどれだけ必要か!!

無制限にした方がいい!?対人賠償と対物賠償

最近、インターネット販売の自動車保険も広く認知されるようになりました。ネット保険は、従来型の代理店を経由して加入する保険より、保険料がぐっと安く抑えられているのが魅力ですね。ただ、ある程度自分で補償内容や必要な補償額がわからないと難しいものです。
自動車保険の補償は、主に対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、車両保険、の4つに分けられます。それぞれの補償内容、必要額について考えていきたいと思います。

対人賠償険は、他人を死傷させてしまった場合の賠償金を補償してくれます。賠償金は数億円になることもあるため、無制限にしておいた方がよいでしょう。
対物賠償保険は、他人の財物(車、積載物、塀など)の賠償金を補償します。物なので大きな補償額は不要では、と思われますが、高額な商品を積んだ車にぶつかり、その商品の賠償額が1億を超えた、というケースがあります。対物賠償も無制限にしておくのが安心ですね。

カットできる!?人身傷害保険と車両保険

人身傷害保険は、自分自身や同乗者が死傷した場合に保険金がでます。扶養する家族がいる場合は「自分が万一の時にいくら必要になるか」が保険金額の目安になりますが、生命保険に加入している場合は、そちらでも保障の対象になります。また、遺族年金の対象になる場合もあります。さらに、怪我の治療費用は健康保険が適用になります。自身の生命保険や公的な補償をチェックして保険金額を決めるとよいですね。

車両保険は年数が経過していて市場価値があまりなく、多少の修理費用は自費で出せる、という場合はカットできる部分でしょう。新車や高額な車両は保険料が高くなるので、保険料を抑えるには免責金額を設定すると良いでしょう。その他にエコノミーと呼ばれる「単独事故や当て逃げを補償しない」代わりに保険料を安くする方法があります。ただし、いくら修理額が高くついても当て逃げや単独事故であれば、保険金は一切出ませんので注意が必要ですね。