通販型と代理店型はどっちがいいの?

契約更新時に交渉できるなら代理店型が良い

自動車保険の更新を繰り返して行くと、車両保険の保障額は少なくなるにも関わらず、保険料は少しずつ上昇する点に不満を持っているならば、代理店に何度も詳しい説明を求めて契約内容の交渉を行なうと良いでしょう。代理店型のメリットとして、必要な保障のつけ忘れを防止できる点と、実際の保険金請求を手伝ってもらえる点にあります。しかし、代理店報酬は同一契約内容で更新されてしまうと、毎回減らされてしまうので、新たな追加保証や少しずつ分からないようにアップグレードさせているケースが多いです。代理店の顔色を窺って、保障内容について鋭く突っ込みを入れることが出来ないならば、代理店型は合わないことになります。イエス・ノーを明確にした交渉を代理店に対しても行えるタイプの人に代理店型の自動車保険は向いているわけです。

交渉が苦手なら通販型で必要な保障を必要な分だけ付ける

自動車保険の保障内容が大して変わらないにも関わらず、保険料が少しずつ上がっていることに文句を言えない人にとって、代理店型は向いていないので、通販型自動車保険に切り替えると良いでしょう。通販型は、初めて自動車保険に加入する人には向いていないものの、契約更新時に乗り換えるならば、保険料を引き下げるチャンスとなります。代理店報酬を減らさないためにこっそり保障内容を変えられてしまうことを防げるので、通販型ならば不要と思われる保障を切り、もっと欲しい保障内容を増やすといった組み立てが可能です。毎年見直しを続けることが出来るので、通販型自動車保険ならば保障内容を自ら把握出来るようになります。今まで何となく自動車保険を選んでいたならば、通販型自動車保険に切り替えて、自分で保障内容を判断すると良いでしょう。